医療系の求人





医療系の職種に就きたいと願う方が多くなっています。

医療系のお仕事に就きたいという方が、どのように求職活動をされているかというと求人サイトなどを探されている方がほとんどでしょう。

「夜勤のみもしくは日勤のみ」など医療従事者がネックとする条件をクリアにしてくれる求人を扱っている医療法人もありますので、どんどん探してみましょう。

長らくブランクのある医療従事者でもお仕事を研修を勘を取り戻すことも可能です。

国家資格を取得していれば、医療行為を市町村職員、デイサービスセンターなどに勤務できる場合もあります。

転職マッチングサイトや、手を借りることも一案です。

ハローワークなどでマッチングが難しいのが医療従事者です。

事業所・医療法人などに就職を決めたいという方は、医療系求人の紹介サイトなどで条件検索をしてみると良いでしょう。

歯科助手・看護助手など医療補助として医療従事者のフォローを行う立場にある方や、医療事務として患者と医師との橋渡しをする立場にある方などは知識と即戦力として機動できるスキルが合って、マッチングすれば即採用が見込まれることもあります。

医療従事者として働きたいけれど、ブランクがあるので無理かもしれないとお考えの方はお手持ちの資格を無駄にしてしまっています。

ブランクがある再就職希望者の方のために働きながら研修を受けられる医療法人もあります。免状の確認が義務付けられていますので、必ず提出できるように事前に用意をしておきましょう。



医療系求人の中で多く求められているのが看護師です。

看護業界では、増員を求める医療法人、新人育成機関や奨学金制度を作ってキャリア形成を応援する医療法人など様々です。看護学校などを新卒した方を多く求人する一方、即戦力として働くことができるスキルを持ち合わせた看護師をいることがほとんどです。高度救命医療や大学病院などの高度先進医療を先駆けているところでは、資格を持った看護師を求めていることもあります。

地方で医療系の人材不足がよく言われていましたが、最近では東京でも看護師の求人が多いようです。

看護師だけでなく薬剤師の東京の求人も増えています。こちらは、ドラッグストアなどの求人が増えたことも原因でしょう。



ブランクがあっても研修課程があるためにレベルを磨くことができる病院もあります。診療・医療行為を行う機会が少ない「医療チームとしての団体旅行添乗業務」「老人福祉施設でのバイタルチェック担当」などというような簡単な仕事を求める企業もあります。


関連記事


看護師の無料転職サイト

私が求人サイト看護師転職サイトに登録した理由は、転職できると思ったからです。 何よりも看護ジャパンを運営している企業がパソナという点も魅力でした。 転職...


AX